オフィスにパーテーションを導入!

オープンなオフィスにもデメリットが

オフィス|パーテーション | パーティション・間仕切り激安

私が勤める会社は、良く言えばオープンな空間が広がるオフィスでした。
というのもデスクが並べて置いてあるだけで、仕切りとなるものがなかったからです。
端から端まで見えるようになっており、とてもシンプルなインテリアでした。
ただ、こうした空間はあまり好きではなかったです。
例えば隣のスタッフとの仕切りがないことで、キーボードを叩く音が気になって業務に集中できなかったり、正面の人と不必要に目があったりして少し気になっていたのです。
それがある時に絶好のチャンスが巡ってきました。
スタッフがより働きやすくなるよう、オフィス空間を改めようというプランが持ち上がったのです。
とはいえ、私が言うのもなんですが、大きな会社でなければそこまで立派なオフィスでもありませんでしたから、できることはたかが知れています。
しかしこの機会を逃したらチャンスはないと考え、同僚などと相談の上でパーテーションの導入を上司に強く希望したのです。
どうやらオープン過ぎる空間が気になっていたスタッフは多いようでしたし、上司もすんなりとその意向を汲んでくれました。
色々と意見を出しあった結果、導入をすることになった一つがローパーテーションでした。
とにかくデスク周りに仕切りを作ろうという意見が強く、個々のデスクを囲うようにして配置をすることになったのです。

オープンなオフィスにもデメリットがパーテーションのおかげで業務に集中できるパーテーション導入後のオフィスは働きやすい社員の要望でオフィスの各フロアーに休憩室をパーテーションで作りました